「ASUS ROG MAXIMUS XI HERO (WI-FI AC)」マザーボード XMPプロファイル電圧設定

UEFI_ASUS_0.jpg

「ASUS ROG MAXIMUS XI HERO (WI-FI AC)」マザーボード、XMPプロファイルを適用した場合のメモリ電圧設定を自分用にメモ。

ASUS公式サイト
https://www.asus.com/jp/Motherboards/ROG-MAXIMUS-XI-HERO-WI-FI/

設定方法


オーバークロックメモリを使用する際にXMPプロファイルを適用したままだと、メモリコントローラーが実装されているシステムエージェントやそのIO部の電圧がかなり昇圧されている場合が多いので、手動にて適正な電圧に調整する。

大抵の場合はAutoのままでも問題ないように設計されているが、常用するのであれば適正な電圧に調整した方が、パーツの負担が減るし精神的にも良い。

UEFI_ASUS_1.jpg

UEFI_ASUS_2.jpg

Defaultキー連打でUEFIを起動すると、上のような画面が表示される。ゲーミングモデルのマザーボードは初期設定ではAdvanced Mode Extreme Tweakerの項目に入る。一般的なモデルでは、EZ Modeに入る。


メモリ:OCMEMORY SK hynix C die DDR4メモリ DDR4-3600 8GB
型番:OCM3600CL19D-16GBN



UEFI_ASUS_3.jpg

XMPプロファイルを適用しAutoのままだと、「CPU VCCIO Voltage」は1.30V強、「CPU System Agent Voltage」は1.40Vまで昇圧されていたので、適正な気がする電圧の値を入力した。画面の電圧はそれぞれ1.100Vになっているが、これだと低いようでベンチマークの種類によってはフリーズしてしまった。


デフォルトの値
CPU VCCIO Voltage 0.950V
CPU System Agent Voltage 1.050V

設定した値
CPU VCCIO Voltage 1.150V
CPU System Agent Voltage 1.200V



メモリの動作周波数が3600MHzなのでこの設定だと少し低い気がするが、現状、この電圧設定で問題なく稼働している。安定しないようであれば上げれば良い

UEFI_ASUS_4.jpg

このPCのCPUはi7-8086K、クロック倍率は全コア50(5.00GHz動作)、コア電圧は1.26Vに設定している。1.25Vでもベンチマークを走らせたりエンコードしていても問題ないが、安定性を重視して1.26Vにした。1.24VでもCinebenchは走るので、なかなかの当たり石かも知れない。この電圧なら空冷でも十分に常用出来る。

UEFI_ASUS_5.jpg

ASRockマザーのサブPCと同じく、こちらのマザーボードでもスリープ及びシャットダウン時にマザーボード本体や接続しているデバイスに給電をしないように設定してある。「ErP Ready」という項目がそれ。

S4はスリープ(ハイブリッドスリープ等)、S-5はシャットダウンを意味する。

以上








関連記事
検索フォーム
メールフォーム
移転先のブログのメールフォームからご連絡をお願いします。
おしらせ
都合によりブログの移転を行いました。各ページにアクセスすると、移転先に転送(リダイレクト)されます。記事の内容はそのままなので、このブログと変わりません。ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。
リンク
カテゴリ
インデックス

全ての記事を表示する

ユーザータグ

自作PC CPUクーラー 不具合 UEFI ビデオカード CPU ソフトウェア スピーカー オーディオ 動画再生ソフト NAS OAチェア ケーブル 監視カメラ マザーボード