DEEPCOOL「GAMER STORM ASSASSIN III」レビュー ~Core i7-8086Kで検証編~

IMG_4851.jpg

メイン機をメンテナンスする時間が取れないので、サブ機のCPUを引っ張り出して「GAMER STORM ASSASSIN III」の冷却性能を検証してみた。検証といってもCINEBENCH R15実行してHWMonitorというソフトで温度を確認するだけなんだけどね。


Deepcool公式サイト
http://www.gamerstorm.com/jp/product/CPUAIRCOOLER/2019-08/2237_11751.shtml

株式会社アユート公式サイト
https://www.aiuto-jp.co.jp/products/product_2735.php

目次


テスト環境
冷却性能検証 定格クロック
冷却性能検証 オーバークロック
おまけの検証
ケースに組み込んでみる
まとめ

テスト環境


下記のパーツ構成で検証台(まな板)にて行う。室温は26度、メモリは2666MHz動作、映像出力はビデオカードから行う。クーラーはファンの回転数を抑える静音仕様のケーブルが付属しているが、今回は使用しない。ファンの回転数はベンチ中は100%になっている。


クーラー「DEEPCOOL GAMER STORM ASSASSIN III」
Deepcool公式サイト

グリス「ARCTIC MX-4」
ザワード公式サイト

CPU「Core i7-8086K プロセッサー」(殻割り無し)
インテル公式サイト

マザーボード「ASRock Z370 Extreme4」
ASRock公式サイト

VGAカード「ASUS ROG-STRIX-RTX2080-O8G-GAMING」
ASUS公式サイト

メモリ「CORSAIR DDR4-2666MHz VENGEANCE LPX Series 8GB×2枚」
リンクスインターナショナル公式サイト

電源「Seasonic PRIME Ultraシリーズ 850W」
オウルテック公式サイト

冷却性能検証 定格クロック


まずはCPUを定格クロックで動作して検証する。CINEBENCH R15を5連続実行し、HWMonitorというソフトで温度を測定した結果が以下のスクショ。

ASSASSIN3_i7-8086K@定格_2ASSASSIN3_i7-8086K@定格_1


ベンチ中のパッケージ温度は58~60℃辺りを維持していた。定格動作のCore i7-8086Kは虎徹 Mark IIでも余裕で冷却が追いつくので、GAMER STORM ASSASSIN IIIではオーバースペックのようだ。CINEBENCH R15より重いソフトでも、冷却性能に関しては余裕だろう。

というか、この辺りの温度だとGAMER STORM ASSASSIN IIIだろうが虎徹 Mark IIだろうが、クーラーの性能で差はあまり出ないんだよね。60℃以下の温度だと正直参考にならない。虎徹 Mark IIに入れ替えてみても、定格だと65℃辺りだった。ケースに組み込んだ状態でも、余程の窒息ケースでも無い限りCore i7-8086Kの定格なら余裕で常用可能。管理人は実際に半年ほどCore i7-8086Kを虎徹 Mark IIで常用していた。Core i7-8700Kでも同じく余裕。

冷却性能検証 オーバークロック


次に、動作周波数を全コア5.0GHz(倍率50、ベースクロック100MHz)コア電圧1.26V、オーバークロックした状態で検証してみる。

ASSASSIN3_i7-8086K@5GHz_2.jpgASSASSIN3_i7-8086K@5GHz_1.jpg


ベンチ中は75~78℃辺りを維持していた。これだけ冷やせるのであれば5.0GHzでの常用は余裕だろう。殻割りして液体金属化すれば5.3GHz辺りも狙えそう。

ちなみに、虎徹 Mark IIに入れ替えるとこうなる。

虎徹2_i7-8086K@5GHz_2虎徹2_i7-8086K@5GHz_1


う~ん、なかなか苦しい状態。殻割りしてればもっと下がると思うが、CINEBENCH R15はベンチマークの中でも軽い方なので、これより負荷のかかるソフトだともっと上がる。90℃以上になると壊れるリスクが高まるので、この状態での常用は厳しい気がする。重いソフトは使わないという人なら、これでも問題ないだろうが。

コア電圧1.30Vにすると余裕で90℃を超えるので、CPUの個体差によっては5.0GHzのCore i7-8086Kを虎徹 Mark IIで常用するのはおすすめしない。電圧をauto設定だと、まず常用は不可能だろう。負荷かかると1.34Vとか行くので爆熱になる。というか壊れそう。

虎徹 Mark IIは、ミドルレンジCPUを静かに運用するためのクーラーだと感じた。

おまけの検証


やる必要は無いであろうが、無意味と分かっていても試してみたくなるのが自作erというもの。TDP65Wの「Core i5-8500」をGAMER STORM ASSASSIN IIIで検証してみた。負荷を少しでも高めるように内蔵GPUから映像出力している。

ASSASSIN3_i5-8500_2.jpgASSASSIN3_i5-8500_1.jpg


見よ!この冷却性能!なんと最高温度50℃!ミドルレンジCPUの冷却は虎徹 Mark IIで十分です。

ケースに組み込んでみる


GAMER STORM ASSASSIN IIIはでかいクーラーなので、ケースに組み込んだ状態が気になる人はいると思う。一応、サブ機に組み込んだ写真を撮っておいた。ケースは「Fractal Design Define R6」ミドルタワーATXケース。

IMG_4725.jpgIMG_4730.jpg


IMG_4735.jpgIMG_4739.jpg


メモリはヒートシンク無しなので、ファンはヒートシンクと同じ高さに抑えられている。動作周波数3600MHz、電圧1.35Vで動作させている。発熱に関しては全く問題ない。

メモリ「OCMEMORY SK hynix C die DDR4メモリ DDR4-3600」
OCMEMORY公式サイト

ケース「Fractal Design Define R6」
Fractal Design公式サイト

まとめ


Core i7-8086Kを5.0GHzで常用可能なハイエンドクーラー「GAMER STORM ASSASSIN III」は期待を裏切らない性能を見せてくれた。コスパの面ではライバルであろう「Noctua NH-D15」や「CRYORIG R1 ULTIMATE」よりも優れていると感じる。メモリとのクリアランスの問題さえクリアすればクーラーの高さは低く抑えられるので、多くのミドルタワーケースに収まると思う。

Noctuaの見た目に閉口していた人には、待望のクーラーだろう。



スポンサーリンク

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

カテゴリ
インデックス

全ての記事を表示する

ユーザータグ

自作PC CPUクーラー UEFI 不具合 ソフトウェア 動画再生ソフト CPU 

リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム
スマホ・携帯から見る
QR
最新記事
Core i9-9900KFが当たりCPUなのか検証してみた Oct 17, 2019
DEEPCOOL「GAMER STORM ASSASSIN III」レビュー ~Core i9-9900KFで検証編~ Oct 15, 2019
ASRock「Z370 Extreme4」マザーボード PWMファンコントロールが効かないコネクタがある Sep 20, 2019
サイズ「風魔弐(FUMA2)」レビュー Sep 16, 2019
DEEPCOOL「GAMER STORM ASSASSIN III」レビュー ~Core i7-8086Kで検証編~ Sep 16, 2019
DEEPCOOL「GAMER STORM ASSASSIN III」レビュー ~取り付け編~ Sep 15, 2019
サイズ「虎徹 Mark II」でCore i5-8500を冷やしてみた Sep 12, 2019
ASUS「ROG MAXIMUS XI HERO (WI-FI AC)」マザーボード XMPプロファイル電圧設定 Sep 10, 2019
ASRock「Z370 Extreme4」マザーボード XMPプロファイル電圧設定 Sep 09, 2019
ASRock「Z370 Extreme4」マザーボードUEFI(BIOS)初期設定 Sep 09, 2019