Firefoxを使用中にSteamVRが勝手に起動する

steam_01.jpg

パソコンを使用していると、知らぬ間に「SteamVR」が起動しているという奇っ怪な現象が発生していたので、その解決方法。

VRは基本的に カスタムメイド3D2 スカイリムVRを遊ぶときに使用しており、この「SteamVR」がVRを使用するとき以外で起動することは基本的には無い。

VRのハードは「Oculus Rift」を使用しており、「SteamVR」が起動するとOculusのソフトも自動で起動してしまう。毎回両方を終了させるのは面倒なので調べてみることにした。

steam_02.jpg
SteamVR

steam_03.jpg
Oculus


ゲームをしない時に起動しているアクティブなソフトは大抵の場合「Firefox」のみなので、これが怪しいと絞り込む。

Firefox WebVR で仮想現実 (VR) を体験する
Firefox バージョン 55 から、Windows デスクトップコンピューターで、完全に WebVR 標準で実装された仮想現実 (VR) を利用できます。
WebVR は、開発者や芸術家が、ハンドセット (Oculus Rift や HTC VIVE) 内と Windows コンピューターの Firefox からウェブベースで仮想現実 (VR) 体験を作成できる技術です。ハンドセットとコントローラーおよび物理空間での動きで、あなたが見ている VR 体験を制御できます。

https://support.mozilla.org/ja/kb/view-virtual-reality-firefox-webvr

Firefoxヘルプページ


どうやら最近のアップデートでVRに対応した模様。

VRが利用可能なサイトを開くか、特定のサイトに表示されているVRが利用可能なコンテンツや広告が表示されている場合、パソコンにインストールしてあるVR関係のソフトが自動で起動するようだ。使いたくもないのにいちいち起動するのは面倒なので対策してみることにする。

対策方法


※これから行う方法はFirefoxの動作保証対象外なので自己責任で行うこと。

Firefoxのメニューバーにあるアドレス欄(上部メニューバーにある細長いやつ)に“about:config”と入力。すると、動作保証対象外となります!と警告が出るので、「危険性を承知の上で使用する」をクリック。

steam_04.jpg


このような画面が出る。

steam_05.jpg

上部の検索に“dom.vr.enabled”と入力。

steam_06.jpg

初期設定値が“true”になっているので、右クリックを押して切り替えを選択する。すると“false”になる。ちなみに、項目をダブルクリックしても値の切り替えが可能。

about:configの画面を閉じて終了。これで勝手にVRソフトが起動しなくなる。

英単語の意味
true=真
false=偽
enabled=使用可能

“dom.vr.enabled”は、VR使用可能。“false”に値を変更することで使用不可能にしている。








関連記事
検索フォーム
メールフォーム
移転先のブログのメールフォームからご連絡をお願いします。
おしらせ
都合によりブログの移転を行いました。各ページにアクセスすると、移転先に転送(リダイレクト)されます。記事の内容はそのままなので、このブログと変わりません。ご不便をお掛けしますが、よろしくお願いします。
リンク
カテゴリ
インデックス

全ての記事を表示する

ユーザータグ

自作PC CPUクーラー 不具合 UEFI ビデオカード CPU ソフトウェア スピーカー オーディオ 動画再生ソフト NAS OAチェア ケーブル 監視カメラ マザーボード